“Self-Love Series” Part 1 : Kaori

blog banner
さまざまな分野でエキスパートの女性たちを Chiyono Anne のアトリエにお招きし、それぞれの考える「セルフラブ」についてディスカッションしてゆく新連載。
第1回目は、わたしも通っているパーソナルジムのトレーナー・三浦香織さんにお話をききました。
Photography Crystal Daniels Writer 市谷未希子

“Self-Love Series” Part 1 : Kaori

Blog thumbnail ,

香織さんが考える「パーソナルトレーニング」とは

Chiyono:早速ですが、香織さんの自己紹介をお願いします。

Kaori:大学卒業後にジムのパーソナルトレーナーの仕事を始め、2010年からは代表の竹下と一緒に「DEPORTARE CLUB」というジムを立ち上げてチーフトレーナーとして働いています。トレーナーになってから丸19年が経って、ちょうど20年目に突入したタイミングです。

Chiyono:香織さんのトレーニングは、鍛えるということは大前提にあるけれど、その日の体調や気分、睡眠量や食事までヒアリングをして、現状に合わせてパーソナライズされたメニューを組んでくださるんですよね。全員に同じことをさせるのではなく、一人ひとりのその時のコンディションに合わせて順番や強度を調整している。「身体作り」というのはただ鍛えるということだけではなく、その人の身体と心を全部含む広い意味なんだなって香織さんと出会ってから感じるようになりました。

Kaori:トレーナーになりたての頃は、既存のメソッドに従いとにかく食事制限をして、このトレーニングをしてくださいってマニュアルを預けるような感覚が強かったのですが、そういった既製品ってどこか自分の中に不具合が生じたり、ここはマッチするけどこっちはマッチしないということがあるんですよね。これまでの経験から、今ではお客様の身体の状態はもちろん、心の状態にも寄り添ってメニュー作りを一緒に行うようにしています。でも、これって千代乃さんが作るランジェリーとも共通していますよね。

2人が考える「セルフラブ」について

Chiyono:お互いにパーソナルな職業だからこそ通じる部分が多くあるような気がします。ちなみに香織さんは今回のテーマである「セルフラブ」についてどのように考えていらっしゃいますか?

Kaori:身体作りの部分でいうとやっぱり自分を信じることかな。とくに日本人って謙虚であることが美学とされている文化もあり、自己否定することで自分の存在を確認するような感覚を持つ人が多いと思うんです。本来、コンプレックスに対して何か取り組んでいるとか、ここまでやっているという行動が自信につながると思うんですけど、それができていないと落ち込んでどんどん周りの人が気になっちゃう。あの人はたくさん食べているのに全然痩せているとか、私はこんなに我慢しているのになんで太ってるんだろうとか。急に矢印が外に向きがちなんですよね。多分自分に対して一生懸命な人って、他の人のことを気にしていられないので、それがまさしくセルフラブというものにつながるのかなと思っています。

Chiyono:私もすごい賛成です。自分を信じているかどうか、周りの人と同じかどうかでなく自分のために充分やっているかどうかだけ。自分を本当に愛してケアしてあげることができているなら、その積み重ねで自分自身の価値というのもちょっとずつ認められるし、ちょっとしたことで「私はダメだ!」というような劣等感を感じにくくなるはず。日頃の習慣、運動もそうだし、服装やランジェリー、食事も友達も全部。どういう人と関わっていたいか、どういうものを身体に入れるか、どういうことをするのかの積み重ねでセルフラブは生まれると思っています。

Kaori:うんうん。全部がつながっていますよね。

Chiyono:自分に対してはフェイクができないから、「私は超最高!」って口では言っていても、心の奥でそう思えなければ、本当の自分の気持ちが分からなくなったり、本当の幸せがちょっと遠くなっちゃうのかなって思います。だからこそ、「この運動をすれば」、「これを食べれば」といった決まったルーティンではなく、本当にいろいろな面でケアをすることが重要。身近な人との関係はもちろん、身体に入れるものや住んでいる空間も含めて全部トータルで整えていくことが大事ですよね。

Kaori:特にこのコロナ禍においてそういった健康的な循環がすごく重要になってきているのかなと思います。そこをちゃんとやって本当に自分を認めてあげられるようになっている人もいる一方で、自分と周りを比べる事がやめられず、妬んだりネガティブな書き込みをしてしまうというような人もいる。どんどんその違いが広がっていく気がしますね、これからもっと。

Chiyono:セルフラブっていっぱいお金を稼いだとか、すごい綺麗になったとか、理想の家に住めたというような外から測れる成功じゃないというのも大きい。だからこそ、自分のことを完璧とは思っていなくて普通だし、自分は今ここにいて大丈夫なんだ、この自分で大丈夫なんだという気持ちを持っていられることがベースだと思う。これは、実際にお客様と接する中で「このランジェリーを着てみたいけどフィッティングは痩せてからじゃないと行けない」とか、「絶対にこの身体は見せられない」というお客さまの自己否定を感じる場面があって私は考えるようになったのですが、香織さんも同じような経験はありませんか?

自分のコンプレックスとどう向き合う?

Kaori:確かに、「痩せてからじゃなきゃ通えない」とおっしゃる方もいらっしゃいます。ジムって本来は身体とか何かを変えるきっかけであるべきなのに、変わってからじゃないと恥ずかしくて通えないというのは少しずれてしまっていますよね。

Chiyono:そうですね。「今の完璧な身体を見せるために着るランジェリー」じゃなくって、今の自分の身体をより愛せるように、身体に対して感謝する気持ちと大事にしてあげる気持ちを上げていけるようにランジェリーやお洋服を作っているので、もっと今の自分を受け入れて大事にして欲しいなって思いますね。

Kaori:いい時も悪い時もその時の自分は唯一無二。女性はとくに月経があって、体調のサイクルと並行して自分の仕事やライフスタイルなどいろいろな流れがそこに乗っかってくる。そんなゆらぎの日々の中でどうやってありのままの自分の存在を認めていくのかが重要になってきます。そういう点では、Chiyono Anne のランジェリーのような唯一無二のアイテムがお守りのような役目を果たしてくれるんじゃないかなって思いますね。つねに一番身体に近いところにいて、それを見ることができるのはパーソナルな関係の限られた人になる。だからこそ「今日の私はこれでいくんだ」と思えるものを身につけることはすごく素敵なことだなと思います。

Chiyono:ありがとうございます!ちなみに香織さんご自身がコンプレックスに感じていることはありますか?

Kaori:私の場合は身長ですね。大学までバスケットボールをやっていたんですけど、170cm以上あるとコートの外ではデカイ人として見られるんですよね。洋服のサイズも全然合わないし、以前はわざと姿勢を悪くして背を低く見せようとしたりしていました。あとは、バスケでお尻が鍛えられてバーンと張っていたのが海外とかでは気にならなかったのですが、日本だと変に目立っている気がして小尻の方が綺麗なのにといった葛藤がありました。

いい時も悪い時もその時の自分は唯一無二、
どうやってありのままの自分の存在を認めていくのかが重要

Chiyono:すごい!私とまさに真逆です!私はロンドンとニューヨークで育ったのですが、身体の成長が友達よりも遅く、ティーンエージャーになってもずっと幼児体型で、小さくて細くて軽いというのがすごく嫌だった。みんなからキュートって言われるたびに、「私はキュートじゃなくってウーマンです!」って怒っていました。とにかく横にでもいいから大きくなりたくて、毎日ポテトチップスを食べて頑張ったけど、全然効かなかったです(笑)。周りの友達は素敵なランジェリーをつけて、パーティーの時にはブリトニー・スピアーズやデスティニー・チャイルドみたいに女性らしい身体のラインが出るドレスを格好良く着こなしているのに、私が着るともうスッカスカ。そもそもサイズがなかったし、イギリスでランジェリー買いに行くと、16歳なのに12歳用のコットンクロップトップをすすめられたりして悲しかったです。もし日本に住んでいたら普通だったのかもしれないし、今だったらもうちょっと選択肢があると思うけれど、当時の私はとにかく小さい自分に対するコンプレックスの塊でした。

Kaori:今になって考えると、お互いに自分の中で過剰に大きいとか、過剰に小さいと思ってしまうのは本当にないものねだりだったんだなって思いますよね。結局自分は自分。これ以上小さくなることはできないし、千代乃さんのスキニーなスタイルも素敵だなって思うけど、コンプレックスだったお尻も含めてこの身体が自分らしさだし、チャームポイントなのかなって思えるようになってきました。

2人が実践する「ポジティブ思考」へのメソッド

Chiyono:いつ頃から考え方に変化が出るようになったのですか?

Kaori:ここ2、3年くらいですかね。それまでは他人の評価とか相手が求めていることを察知して合わせようとすることが多かったけど、いろんなことがコロナでストップして、変わらなきゃいけないというタイミングにきた結果、自分の意識というのも変わった気がします。

Chiyono:私の場合は、もっと自分がこうだったらいいのにと考えてしまった時は、自分に意識を戻すために今までこの身体だからやってこれたことをリストアップしています。今の状況に感謝をしつつもまだ未完成だということも同時に言い聞かせて、今年はこれができなかったけど、来年は絶対にやるぞというモチベーションに変えようと意識するようになりました。

Kaori:そのリストアップは素敵ですね。

Chiyono:あとはこの身体のおかげでできたこと、身体の形じゃなくて機能にフォーカスを当てるようにしています。すごい事じゃなくていいんです。この身体のおかげで毎日自由に動けるし、働けるし、美味しいものを食べれるしといった基本的なことを思い出すことで結構助けられているかもしれません。

Kaori:人ってできなかったことに視点が行きがちだけど、今できていることに目を向けることってとても大事。多くの女性はここもダメ、あれもダメ、私はあの人よりも劣っているといったマイナスへのチェックがとても多い気がするので、そのポジティブチェックリストは絶対にやった方がいいですね。それは最終的に自分を認めてあげることにもつながる気がします。

Chiyono:香織さんは実際に身近な方やお客様で悩んでいる方がいたら、どのように接するようにされていますか?

Kaori:お客様が入ってこられた瞬間の空気で、今日の気持ちはこんな感じなのかなと察するようにしています。例えばイライラしている時って結構心拍数が上がっているんですよね。そういう時はあえて心拍数を上げるような動きで助長するというよりは、地味な動きで、ゆっくり息を吐かないといけないようなトレーニングをして一旦落ち着かせるようにメニューを組んだり、逆に落ちている人には、先に息を上げるようなトレーニングでエネルギーを燃焼させて、そこで吐き出せるんだったら吐き出してもらっていいというように伝えています。そうやって心と身体のバランスを見てフォローしている感じです。千代乃さんはいかがですか?

自分がこうだったらいいのにと考えてしまう時は、
自分に意識を戻すために今までこの身体だからやってこれたことをリストアップする

Chiyono:私の場合は、まずフィッティングの仕方を工夫するようにしています。ご予約の前から「身体に自信がない」と書き込みをされる方もいらっしゃるので、そういう場合は鏡を少し遠ざけて、素早く正確に寸法を測るようにしています。そこからすぐにデザインのお話に移って、劣等感や恥ずかしさを忘れてポジティブに夢を広げていただくために、好きな色合いや、それを纏うことでどういう気分になりたいかというようなことについて深く聞いたりします。身体の形やサイズにこだわるのではなく、着た時の自分の気持ちを大切に。例えば、Chiyono Anne の商品はシルクメインなので、お肌がシルクに包まれる心地よさ、自分の身体にちゃんとフィットする感じとか、バストを丁寧に支えてくれること、唯一無二のトータルな着心地の良さといったポジティブな点に目を向けるようにしています。自分の身体に対するコンプレックスやネガティブな考えを手放して、ありのままの自分や、こんなランジェリーが欲しい、という事について話合うことが「楽しい」と思っていただけたら最高。あとはその通りに仕上げられるようにものづくりをとにかく頑張るだけです。

Kaori:相手のイメージに寄り添うことってとても大切ですよね。ジムに通う目的として、体重そのものにフォーカスされる人も多いのですが、私はその目標体重になった時のイメージについて聞くようにしています。目標体重を達成すればそのイメージになれるのか、そのイメージになって何がしたいのかをヒアリングしてからベストなメニューをその都度考えていく感じ。マンツーマンでお客様と向き合っていますが、実際にやるのはお客さまご自身なので。極論、私たちは何もできないんですよ。例えるならカーナビのような存在。目的地を入れてもらえれば下道なのか高速なのかいくつかルートを提案できるけど、高速を選んだ人が途中で上手くいかなくて下道にルート変更する場合もあるし、スムーズに行ける人もいれば逆走したり、エンストを起こしてJAFを待っているような人もいるので。とにかくその日その日のベストを考えて提案していくことが全てだと思っています。あと、毎日100点で過ごすことは難しいので、五日間くらい頑張ったら、二日間は自分の好きなものを食べて、好きに過ごしていいと思っています。自分の身体が喜ぶものをきちんと知るということがすごく大事。サプリメントも色々ありますが、むしろ一度デトックスしてあげると身体がクリーンになる。足し算よりもまずは引き算をしてあげて、いらないものを出してから本当に必要なものを入れるようにしてあげることはサポートのファーストステップとして大切です。

自分の身体が喜ぶものをきちんと知るということが
すごく大事

Chiyono:頼もしいです。それが自分の身体の声を聞くということですよね。良いとされるものをただ入れまくるんじゃなくって、本当は何が必要なのかというのを考える。でも、それも決めるのにも結構勇気と自信がいるからそれこそまたセルフラブに結びつきますよね。私のお客さまの中で、産後、授乳を経て胸の形が変わったとか、出産後のお腹周りを気にする方が結構いらっしゃるのですが、そういった変化は全然恥ずかしいことでも、「ダメな」見た目や形ではなくって、母親になったのだから前の自分と変わるのは当たり前だと思うんです。その胸のおかげで子供が育つわけで、本当に尊いものだと思うから。もちろん希望があればワイヤーを入れてプッシュアップしたり補正することもできるのですが、ただ修正して「綺麗」にするのではなくて、女性の人生の流れの中で、今の状態が美しいのだから、この胸であることをポジティブに生かして、最後の最後にフィニッシュとして形を修正することを心がけています。自分に戻る時というところでそこからまた新しいセルフラブが始まるきっかけになったり、新しい自分やなりたい自分を見つけるきっかけになって欲しい。気に入った色や生地に出会い、夢を形にするデザインを一緒に考える時から、出来上がったランジェリーを身につける瞬間までずっとワクワクする。年月が経って、必要があればお直しをしながら大切に愛用してゆく。そういった経験が人生にキラッと光るお守りのような存在になって、おばあちゃんになった時も手にとって「あの頃の私はこうだったな」とか思い出せるようなものになると嬉しいですね。

Kaori:そういう意味では自分のライフステージの時々を刻んでいけるこういったビスポークのアイテムはいいですよね。今の自分を刻んで、この時の私はこんな感じだったんだとか身につけることで思い出すことができるので。

Chiyono:私と香織さんはそれぞれ異なるアプローチでお客様と接しているけれど、マンツーマンのライフパートナーのような関係性を築いているという点で通じるものが多いなと感じます。

Kaori:私のお客様の中でもいつまでも女性らしさを忘れずに美しくあり続けている方も多くて、その要素の一つとしてこういったランジェリーがあるような気がします。外見はボーイッシュな方でも他の人から見えないアンダーウェアは女性らしいものを選ばれたり。唯一外から見えないからこそ自分に一番素直になれる部分。本当に近いところにあるものだからこそ、長くお付き合いされる方が多くいらっしゃるんじゃないかなって思いました。

Kaori's Hint:

ランジェリーが似合う体作りへの Quick Training

Hint ① Under Band Training

Chiyono:最後に読者の方が簡単におうちでできるトレーニングをいくつか教えていただきたいと思っています。お客様でよくあるお悩みが、ブラのアンダーってある程度キツくないと胸を支えきれないのですが、キツくしすぎると脇のお肉に食い込んで段差ができてしまうというもの。背中から脇にかけて簡単にトーンアップできるような運動はありますか?

Kaori:簡単なものだと、後ろに手を伸ばして肩の付け根から親指を外に捻る。で、また戻して捻る。できるだけ後ろに引っ張った状態でやっていくと二の腕の方も引っ張るから、胸が開く感じ。何回かやると自然とそのまま肩もストンと落ちます。

Chiyono:猫背解消にもなりますね。首回りもスッキリ見えるしバストも正しい姿勢に戻りそう。

Kaori:あとはそのまま背伸び。グーっと真上に伸ばしてそこから手を真横にぐっと落としてもらうとスッと落ちますよね。肩甲骨が開くと綺麗に見えると思います。

Hint ② Hip Training

Chiyono:もう一つがヒップ周りの悩みで、骨盤の位置がずれてしまってお腹が前に出ていたりすると綺麗なヒップの形を維持することが難しかったりするんですよね。骨盤を正しい位置に戻すことでヒップアップできるみたいなリセット術はありますか?

Kaori:デスクワークで座っていることが多いと、足の付け根周りが固まっていることが多くて、そういう場合は片足を椅子に乗せて、前足に重心を置いてグーっと伸ばすといいと思います。意識するのは太ももの付け根を伸ばすこと。上級者は後ろに伸ばした足を曲げて背中に引き寄せるとより効果的です。

三浦香織(みうら・かおり)

1980年生まれ。茨城県出身。早稲田大学教育学部卒業後、アメリカへトレーニング指導留学。そこで習得した技術をベースに、多くのアスリートや著名人に対して、パフォーマンスアップ、ボディメイク、ダイエットのサポートを行っている。現在、「最も予約の取りにくいパーソナルトレーナー」として各メディアでも取り上げられており、エクササイズ監修など多方面で活躍中。2020年2月 初著「キレイに歳を重ねるPOSITIVE KAORIメソッド」(光文社)

Instagram:@positivkaori

Shopping cart

0

お買い物カゴに商品がありません。

Hit Enter to search or Esc key to close

お直しについて

会員ステータスお直し内容送料
(郵送が必要な場合のみ)
Royal
  • ランジェリー類のフィット感改善の修正は6回無料
  • 衣類のフィット感改善の修正は4回無料
  • パーツの経年劣化によるお取り替え無料
弊社負担
Gold
  • ブラアンダーつめ・ストラップ調節は無料
  • パーツの経年劣化によるお取り替え無料
  • 納期1ヶ月以内のショーツのフィット感改善の修正は無料
  • 納期1ヶ月以内の衣類のフィット感改善の修正は無料
お客様負担
Silver
  • ブラアンダーつめ・ストラップ調節は無料
  • パーツの経年劣化によるお取り替え無料
  • 納期1ヶ月以内のショーツのフィット感改善の修正は無料
お客様負担
Bronze
  • 納期1ヶ月以内のブラアンダーつめ・ストラップ調節は無料
お客様負担