Bespoke Interview With MIKA Part.1

1V2A0135-1

Bespoke Interview With MIKA Part.1

Blog thumbnail ,

Bespoke Guide

『ボディポジティブ』というマインドを多くの人に伝えたい!

きらきらと輝く瞳でそう語ってくれたのは、モデルのMIKAさん。

今回はMIKAさんをお迎えして、実際にビスポークオーダー受けていただきながら、グラマーサイズならではのランジェリーの悩みや現状、ボディポジティブについてディスカッションを行いました。

『ボディポジティブ』というマインドを多くの人に伝えたい!

普段どんなランジェリーをつけてますか?

MIKAさん:  普段ノンワイヤーが多いですね。社会人になってから特に肩こりがひどいので、肩が凝らないもの、ノンワイヤーでもやわらかいものなど、締め付けがないものを選ぶことが多いです。

MIKAさん:  普段ノンワイヤーが多いですね。社会人になってから特に肩こりがひどいので、肩が凝らないもの、ノンワイヤーでもやわらかいものなど、締め付けがないものを選ぶことが多いです。

千代乃 :  サイズ的がフィットして重くないワイヤーのものがなかったから選んでたのでしょうか?

MIKAさん:  それもあるかもしれないです。仕事でも動き回るので、ノンワイヤーを付けた時に楽だなと思い、形よりも楽さ重視で選んでいます。

千代乃:  楽だけどしっかり胸を支え、邪魔にならないようなサポート力があり、かつ、肩が凝らないようなものがよいのですね。

胸が大きいことでの悩みなどはありますか?

MIKA:  洋服をきた時に体が大きく見える、というのが悩みですね。胸周りが張るので、スッキリと綺麗なラインには中々見えなくて。。
ランジェリーだと、とにかくデザインの可愛いものがないというのが悩みです。ベージュのシンプルなものなどはありますが、セクシーで華やかなものがないのは悲しいですね。

千代乃:  サイズと自分が思う自分のキャラクターと一致するものがなかった?

MIKA:  そうですね、選択肢も少ないし、まず自分に何が合うのかもわからなかったですね。

パンツはどうですか? またビスチェやボディスーツなどもサイズがないのでは?

MIKA:  最近は大きいものも増えてきましたが、パンツもサイズが少し小さいと感じることがありますね。やはり可愛いものがなかなかないです。

千代乃:  日本の既成サイズだったら難しいかな?

MIKA:  ナイトブラだったらXLを買っても胸が締め付けられてきつかったり、朝起きた時にカップが捲れてしまっていたり。なかなか着る機会がないですが、もっと選択肢があれば関心があるかもしれないです。

私みたいに体が大きくて肉付きがよい人は、店頭で物を見ないというか、初めからサイズがないとわかってるので、大きいサイズ専門店に行ったりしますね。普通のお店で買い物をする選択肢が少ないというのは、惨めな悲しい気持ちになることもあります。

今回作るにあたってどういうものを作りたいですか?

MIKA:  セクシーでナチュラルで、体を大きく見せすぎず肩がこらないものを作りたいです。若々しくヘルシーで、大人っぽさもあるものなど。

ワイヤー入りのブラはつけたことありますか?

MIIKA: たまに付けます。ただ、寄せてあげるのは大きく見えるのであまり好きじゃないですね。

千代乃: ノンワイヤー = 楽とよく言われますが、本当はそれが最も楽なブラじゃないんです。サイズが大きい胸は重さもある。なので、ワイヤーでしっかりとバージスライン(胸の付け根)の自然の位置でキープしてあげて、心地良くフィットするカーブのカップで包んであげるのが本来ブラの役割なんです。ノンワイヤーのブラキャミのような、伸びる生地でぐるっと胸をトルソ(胴体部分)に巻きつけるような作りのアイテムは、悪いわけではないけれど、そればかり着ると「胸」と「背中」と「アンダー」の区切りがだんだん馴染んできて、胸の脂肪が外へ流れてきます。また、胸の重みを集中的に支えてあげるのでなく、トルソー全体に分散するので、実はより体が重く感じるのではないかと思います。

適度な伸縮性のあるアンダーバンドでしっかり横や縦にカップがずれないようホールドする。ストラップは、カップがめくれないようにしてあげるだけの最後のサポートなんです。胸の重さでストラップに負担がかかりすぎる場合は、カップかアンダーが合っていない証拠です。本来はストラップで重さを吊ってることは感じないはずです。

MIKA:  サイズが合ってないから肩が凝ってるとはおもっていませんでした。すべてワイヤーのせいだと思ってました!

千代乃:カップサイズが大きい方で、ブラの締め付けが気になるという理由で Chiyono Anne に来られたお客様もたくさんいらっしゃいますが、不快な締め付け感の原因が、着用されていたカップのサイズが合っていなかったから、と言う発見が多くありました。

まず、バージスラインにぴったり沿ってくれるカーブのワイヤーが大事です。胸の下にキレイに入ると不快感なく、胸を正しい位置に戻しキープしてくれます。

次に、胸を潰すことなく綺麗にまとめてくれるジャストフィットのカップ、そして肋骨周りに心地良く吸い付くようなアンダーバンドに、カップをさらにサポートとするストラップをつけることで正しいフィットのブラが叶います。

楽な物が好きであれば、Chiyono Anne ビスポークラインのプランジブラかフルカップブラがおすすめです。フルカップブラはグラマーサイズのお客様に多くリピートいただいており、抜群の付け心地がポイント。プランジブラは適度のプッシュアップ効果もあり、高くて丸い美しいシルエットにまとめてくれます。

MIKA:  たくさん種類があるんですね!

千代乃:  そう、たくさんあるんです!胸に合うシェイプにパッドなしで、伸縮性のある生地を使うと、肌の弾力に近くセカンドスキンのように優しく包んでくれ、MIKAさんにおすすめかなと思います。

それでは、早速フィッティングをしてみましょう!

フィッティングの様子

Fitting

アンダー、トップの採寸を行いながら、MIKAさんのバストに一番フィットし型を綺麗に見せてくれるブラサンプルをいくつかフィッティング。

 

今回MIKAさんと選んだのはプランジブラ

バストをしっかりホールドし、服をまとった時に美しく見えることはもちろん、MIKAさんが一番心地よくストレスフリーに身につけられるよう、細かな調整を行います。

「プランジブラ」はバスト全体を綺麗にすくい上げて、しっかりと前にプロジェクトするブラです。気になっていた「服を着た時に大きく見える」原因としては、胸が横に広がりすぎて、体全体のシルエットがワイドに見えてしまうから。胸を正しい場所にホールドしないまま時間が経つと、脂肪が脇に流れてしまいます。
そうならないように、胸をまっすぐ前に向かせ、前に丸みを持たせるナチュラルでヘルシーなシルエットを作ることで、洋服を着た時にもすっきりと見せてくれます。

外から見ても美しく見えることはもちろん、MIKAさん自身が一番自分らしく、心地良く過ごせることを叶えてくれるブラです。

Let's make an appointment now

デザイナー千代乃がマンツーマンで対応するため、日数には限りがございます。ご予約枠は毎月20日に翌月の予約が開始されます。
*予約枠公開日は月により多少前後する可能性があります

Reservation

Shopping cart

0

お買い物カゴに商品がありません。

Hit Enter to search or Esc key to close